水漏れ修理は自力で補修できることはあるの?

水は生活する上でもっとも重要なライフラインの一つになり、半日使用できないだけでも、強いストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。業者に修理を依頼したけれど、来てもらえるまでに数日かかるとなれば、自力で解決できないものかと思案する方も少なくありません。インターネットが普及したことで、あらゆる分野の情報を収集しようと思えば、無理なく収集できる時代です。水のトラブルも、簡単な補修であれば、自力解決が望めるかもしれません。

■自力で解決できるトラブル

水のトラブルの中で、自力で解決できる作業は、キッチン、お風呂等色々ありますが、業者を呼ぶまでもない程度の補修に限られます。例えば、キッチン等で活用されているレバーハンドル式混合水栓の水漏れです。吐水口からの水漏れは、バルブカートリッジ、パッキンの劣化が考えられます。
バルブカートリッジは混合水栓の部品の中でももっとも重要な働きをするものになり、バルブカートリッジが正常に機能していなければ、水量、温度を調整することができません。レバーの下に設置されているバルブカートリッジを交換し、水漏れを解決しましょう。

■お風呂で簡単修理

続いて、お風呂です。シャワーを使用する方が増えており、その需要に合わせて、現在ではシャワーとカランを切り替える切り替えハンドル方式が採用されております。切り替えハンドルは使用頻度が高く、お風呂の中でも劣化しやすい部品になります。切り替えハンドルの交換は、簡単です。自力で解決できる作業になりますので、時間を取り、挑戦してみてはいかがでしょうか。古い切り替えハンドルを取り外したら、新しいものを取り付け、元通りにしたら、修理完了です。



■まとめ
ほんの少しの水漏れなのに、請求額が数万円かかるのは辛いところです。できる作業は自力でした方が良いかもしれません。ですが、もしも、パッキン等の消耗品の交換、補修しても、水漏れが止まらない場合には、早急に専門業者に相談することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ