水漏れ修理の工事にかかる日数と費用

家庭で水漏れが発生した際、自力で補修や修理することもできますが、中には業者に依頼しなければならない工事もあります。業者に依頼しなければならない修理とは、また業者に工事を依頼する際、業者に確かめておきたい資格について説明したいと思います。

■業者に必要な資格とは

水道 修理はパッキン交換等、自力で修理できるものありますが、業者に依頼しなければならない修理もあります。業者を選ぶ際、確認しておきたい項目の一つに資格があります。専門的な水道工事は、専門的な資格を有する者が行わなければなりません。業者に依頼する際は、もしものことを考え、資格を有する業者か否かを確認してから依頼することをおすすめします。
ちなみに、専門的な資格には、水道技術管理者、管工事施行管理技士、給水装置工事主任技術者、下水道排水設備工事責任技術者等があります。

■修理にかかる日数

水漏れ修理にかかる工事日数についてですが、まず、専門業者に依頼すると、担当スタッフからお家を訪問する日や時間を決めるための連絡があります。オンラインで予約できる業者は、都合の良い日程を指定すれば、その時間に来てくれます。
携帯電話や固定電話等で連絡を受け、訪問予定日、時間を決めたら、その日のその時間に在宅しておきましょう。その日は、業者の担当スタッフが修理する箇所を直接目で見て確認し、おおよその見積もりを提案、お客さまからの相談、要望に応じるだけになりますので、30分から1時間ほどで打ち合わせは終了します。
ちなみに、工事にかかる日数は、お風呂で水漏れが発生した場合は工事に1日から3日ほどかかります。しかし、トイレやキッチン等の水漏れ修理であれば、半日から1日で終了することが多いでしょう。

■まとめ
業者によっては、工事の間、外出しても構わないと言ってくれる場合があります。外出する予定のある方は、打ち合わせ時にその旨を伝えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ